北区の整体なら「 まみや接骨院」

たな障害

 

なぜバナー

 

このような
\お悩みありませんか?/

  • 膝が引っかかる。
  • 膝のお皿の内側、外側の下の方が引っかかって痛い。
  • 膝のお皿の内側、外側の上の方が引っかかって痛い。
  • 部活を休みたくないけど休みなさいと言われる。
  • 医者に「安静にしていないと一生スポーツができなくなりますよ。」と言われている。
  • 大学病院や、有名な病院なども行ったが良くならない。

↓

そのお悩み、当院にお任せ下さい!

 

 

セミナーバナー

 

雑誌

 

DVD

 

推薦バナー膝

 

 

沢山のお客様から
喜びのお声
頂いております

~その一部を紹介します~

 

「4軒医者をハシゴしてやっとたどり着きました」

一年前に前十字靭帯の手術をしてバレーボールに復帰したところ「タナ障害」という症状が出て4軒ほど医者を梯子して、まみや接骨院に辿り着きました。
通っていたところのリハビリで運動療法をしたりマッサージをしたりしていましたが治る見込みがなくて、バレーボールを辞めるか手術をして、この先本当に治るのか?という不安に苛まれていました。
歩くだけでも膝が痛くて軽減される見込みがなく、筋トレをするのにも、たくさん筋肉をつけることに抵抗がありました。
1回目の施術で、あんなに痛かった痛みがほぼなくなって本当にびっくりしました。
これこそゴッドハンドではないんですけれども藁にもすがる思い出来たのですがって良かったなと思いました。
一番初めに躊躇されるのは施術の金額だと思いますが、初めの初回で結果が出るので、まずは来てもらえればわかると思います。

(山田 かおり 様)

※効果には個人差があります

「ランナーですが膝の痛みがなくなり過去最高のコンディションに」

両膝のタナ障害で走れない状態でした。
整形外科、接骨院に三〜四軒行きました。痛みが取れなくて走れるようにはならなかったです。
タナ障害に詳しいということがわかったので、まみや接骨院に来ました。
すぐ走れるようになって骨盤の重要性を学んでタイムも伸びてきている状況でどんどん走れるようになってきています。

自信を持ってまみや接骨院さんをお勧めします。

(原田 怜旺 様)

※効果には個人差があります

「2回の施術でタナ障害の問題を改善」

1ヶ月前に陸上の練習を終えたら痛みが出て、休むとおさまりましたが、また走ると膝が引っかかって痛かったです。
体操を教えて頂き、歩いて骨盤を整えていくと、走っても痛みがなくなりました。
2回の施術で今の状態になり、不安がなくなりました。

(水口 敬斗 様)

※効果には個人差があります

 

 

なぜ、当院の施術で
タナ障害がこんなにも
根本改善できるのか?

 

タナ障害が他で良くならない理由

股関節

あなたは、いくつかの医療機関を訪れて、注射をしたり、太ももの筋肉、大腿四頭筋の筋力を強化すれば膝の痛みは良くなると言われて、それぞれやってきた事だと思います。

では、なぜ?良くならないのかの理由は一つ、根本的な膝の痛みを起こす原因を取り除いていないからです。

根本的な原因とは何か?

日常生活の中で、あなたの知らないうちに体を壊してしまうような生活様式であったり、習慣や身体の使い方のクセなど、さまざまな要因があります。

これらの改善方法は後でお伝えしますが、まず膝の引っ掛かりや痛みが取れない原因は膝の関節、大腿骨と脛骨、大腿骨と膝蓋骨との間の関節の潤滑が生理的に機能していない事にあります。

関節が潤滑していない事によって、骨と骨との間の関節に歪みを生じて、潤滑していない事によって、その歪みは残ったままになって時間が経過していく事になります。

 

 

タナ障害の症状について 

膝

膝が引っかかるのは何故?

タナ障害とは?

膝のお皿の骨(膝蓋骨と言います。)の裏にクラゲのようなヒラヒラとした滑膜ひだと呼ばれる組織が存在しています。

この滑膜ひだをいわゆる「タナ」と呼んでいます。

今まで色々お調べ頂いていると思いますが、このタナと呼ばれる組織が膝のお皿の骨とそのタナ(滑膜ひだ)の裏側にある大腿骨との間の関節の中ではさまれて膝の引っかかりや痛みを引き起こしている物です。

多くの場合、このタナ障害、滑膜ひだ障害を充分に鑑別できない医師や医療者は、膝のお皿の骨とその下にある骨のボッコリとした隆起(オスグッド病で痛くなるところ)との間にある柵状の組織「膝蓋靱帯の炎症」と言ってみたり、または、タナはレントゲンに写らないために「原因がわからない」などと言われます。
(注:本当は原因がわからないのではなく担当の医師が触診をしない(出来ない)でレントゲン画像だけで判断しようとするために痛みを感じている部分を特定できないだけです。)

そして「今度はMRIを取って精密検査しましょう。」となってMRI検査において「タナ障害です。」あるいは「滑膜ひだ障害です。」と診断名が付いたとしても「シップとお薬を出しておきますから様子を見ましょう。」と言われるか、「レントゲンには何も映っていないので、あんまりひどくはなさそうなので心配しないようにしましょう。でも無理しないようにしましょう。」などと言われます。

タナ障害と診断された方は、医師やリハビリの先生、整体の先生などの言われたまま日常を過ごして早く改善していくことを祈っています。

しかしながら医師などの医療者に言われたことをそのまま実践しているのにもかかわらず、良くなっていかない、もしくは悪化してしまうというケースが多々あります。

この場合には、何軒も医療機関を渡り歩いてしまった挙句に、さらに良くならずに絶望的に思ってしまう方もたくさんいらっしゃいます。

まして、アスリートで一刻も早く競技に復帰したい競技レベルの高い選手ほど、この時間のロスには肉体的にも精神的にも非常にストレスがかかるものであります。

膝の内側が引っかかって痛くて、部活やスポーツの練習もままならずに肉体的にも精神的にもとてもつらい日々を過ごす事になります。

痛くて練習が思うようにできない。しかし試合は目の前に迫ってくる。競技レベルが高ければ高いほどストレスはたまるし、焦ります。

あるところでは、太ももの筋肉をつけると治りますと言われてその通りに実行して見るからに筋肉はもり上がって大きくなって強くなっているはずなのに痛みが取れない。

こういうことはよくある話なのですが、ただ筋肉を大きくしても例えば筋肉隆々の方が野球の遠投や長距離を走るのは苦手であったりすることもあるわけで筋肉という一つの要素のことしか言っていない。

筋肉を大きくするにしても機能しなければないのと同じなのです。

特に患者さんにとってみればです。

「なんで筋肉がついてきているのに痛みが取れないのかなと思っていました。」

と、まみや接骨院をご利用される方々が口を揃えておっしゃっています。

私は約23年間現場に立たせて頂いておりますが、改めて考えてみると太ももの筋肉をつけて根本的にひざの痛みが解決した人を見たことがありません。

医師は「タナ障害」という診断名はつけられるもののどうすれば痛みが取れていくのかを教えて差し上げることが出来ない場合に膝の痛みが何年も続くことがあります。

 

 

タナ障害の原因とは

股関節

タナ障害の根本的な原因はズバリ!「骨盤」にあります。

腰に違和感や痛みがあることを気付いている場合には骨盤の改善も可能ですが、腰の違和感や痛みに気づいていない場合には、潜在的な損傷になるために、膝の引っ掛かりのところだけに気を取られてしまいます。

膝だけを施術しても、その時には楽になるけれども、また練習を休んだ時や、普段安静にしている時には楽になるけれども、少しハードな練習をしたり、動くことが多くなってくるとまた膝が引っかかったり痛みが出たり、なかなか安定してこない。

何故なのか???

それは骨盤の損傷された部分をしっかりケアされていないためなのです。

腰と骨盤をしっかりとケアすることで、あなたやあなたの子供さんの膝のお皿の下の内側の痛みと引っかかりは改善していきます。

タナ障害と診断がつくのは痛みや引っ掛かりが出ている局所を特定して症状を言っているだけであって、実際には骨盤の歪みによる、骨盤から股関節、股関節から膝の関節へと連動する動きが阻害されることによって、膝のお皿の関節と太ももの骨、つまり膝蓋骨と大腿骨との間の関節の潤滑不全(関節の滑りが良くない)に陥ってお皿(膝蓋骨)と大腿骨との間の膝蓋大腿関節の間に存在する滑膜ひだ(タナ)が擦れて痛んでしまうのです。

擦れるという事は摩擦の力が大きいことなので、摩擦が少ないように潤滑(滑りをよくする)が保てるように施術とセルフケアをする必要があります。

 

 

当院ではこのように改善します

施術

根本的なタナ障害を解決するためには?

関節の中には関節液と呼ばれる水があって、水を介しての摩擦を流体摩擦と言います。

流体摩擦の特性は、関節の面と面で正しい方向に圧力をかけると潤滑(滑りが良くなる)するという特性があります。

その為に骨盤の歪みは仙腸関節と呼ばれる場所の破壊現象が必ずみられますので、仙腸関節に面と面の圧力をかけて歪みを整えてあげると、正常に骨盤から股関節から膝の関節の連動する動きを作り出してあげることが出来ます。

膝蓋大腿関節の摩擦の力は少なくなり潤滑してくると、滑膜ひだ(タナ)の部分がだんだん再生されてきて組織が復元されて回復してくるのです。

一般の標準的な医療機関の診療では、滑膜ひだ(タナ)の部分だけをどうにかしようとするか、多くの病院や整形外科のように薬とシップだけを処方して嵐が過ぎ去るのを待つしかないという事になるのです。

アスリートの競技レベルが高くなればなるほど、練習が出来ないことによるストレスを抱え込むとともに良くならないという思いからの不安が付きまとって自分はこの先どうなってしまうのかと焦ってしまって、、、という循環になってしまいます。

これらの歪んだ骨盤から膝の関節の部分を整えるために特殊な器具を用いて、身体の表面から外科的とも言える施術を致します。

さまざまな形状の器具を使って、手では届かない場所、損傷に合わせた回復のための施術の器具を選択して、安全に各関節の歪みを取り除き、関節の歪みによって引き起こされた各関節周辺組織の損傷の回復改善のために、ローラー状の器具でコロコロとなめしてみたり、各繊維の不要なものを取り除き、必要なものを近接させるように軟部組織をも含めた外科的な施術となっています。

それらを背骨から骨盤を整えて、膝の関節の局所に施術を行います。

施術を行う前と施術が終わった後に検査をして、どのくらい生理的な状態に近づけることが出来たのかを確認させて頂きます。

次回のご来院までにご自身で改善するための処方箋をお出ししますので、ご自宅でのセルフケアを励行して頂き、日常生活の習慣まで骨盤を痛めるような原因となるものを徹底的に取り除いていきます。

体を痛めてしまうような習慣を変えるだけで回復に向かうことが理解出来るように毎回のご来院時に、どのように経過を辿っているか?

何が今、困っているのかを確認させて頂き、ご自身でも問題解決出来るように正しい情報をお伝えして、理解して頂けるように一緒にお体の回復改善を進めてまいります。

まみや接骨院では、アスリートのタナ障害のその時の一瞬だけを切り取って施術を進めていくものではありません。

タナ障害になるまでの時間の経過という時系列の問題を追いかけていかなければ本当の根本的な解決にはなりません。

タナ障害の痛みや引っかかりを取るだけでなく、タナ障害が改善した後にも、アスリートの体の不具合を感じた時や日常生活に何か問題が生じた場合に、ご自身で問題解決する力を身につけて頂きたくご指導させていただいております。

この力は30年後も使えるご自身の財産となります。

だからこそ、まみや接骨院はあなたのお力になれることができるのです。

 

 

キャンペーン

 

4月13までに
\ ご予約の方に限り /

 

膝専門のスペシャリストによる
整体コース

初回4,980円
※通常1回9,150円~

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

※全て税込価格

 

tel:0355670120 予約フォーム マップ

 

 

その不安や悩みも
当院にお任せください

 

カウンセリング

皆さん、はじめまして。院長の関です。
私どもプロの施術家にとって、根本改善という結果を追い求めることは当然であり、我々の使命であると考えております。

しかし残念なことに、とりあえず電気とマッサージをする、シップや痛み止めを処方するだけといった、マニュアル通りの処置しか出来ないところが増えております。
そのため長年同じ症状を繰り返してしまったり、色々と受けても良くならず悩んでいる方が増え続けております。

もうこのまま良くならないとお考えの方もいらっしゃると思いますが、全く諦める必要はございません。

当院にも皆さん同様に様々な悩みを抱えて多くの方が来院されますが、今ではそのほとんどが健康な身体を取り戻し、普通の日常生活に戻られています。

私は、しかめっ面で痛みを堪えている方々の痛みを取り除き、帰るころには笑顔で帰っていただきたいのです。
そのために私は施術家として28年間、日々技術を磨き続け、お一人お一人と向き合ってきました。

あなたの中で「絶対改善したい。でもまた良くならなかったらどうしよう…」と不安な気持ちが消えないのなら、当院へお越しください。あなたが一歩踏み出したその勇気を私が受け止めます。

長年良くならない悩み、繰り返す症状への焦り・不安など、どんなお悩みでもまずはお気軽にご相談ください。

 

 

まだまだ沢山の
喜びのお声が当院に
届いております

 

「名古屋から改善しに来ました」

一度左の膝を捻挫してしまって、そこから膝の痛みが出て、整形外科二軒行きMRIも取りました。接骨院にも三軒行きました。
病院で言われたストレッチやチューブを使った筋トレをしたりサポーターを着けるなどのリハビリをしていましたが根本的な痛みは解決しませんでした。
まみや接骨院の施術を受けて、今までは少し走るだけでも膝に引っかかる痛みがありましたが、しっかりと走れるようになりました。 痛みが出たとしても対処法を教えて頂いているので心配することがなくなりました。
この障害で一番辛いのは自分だと思うので、まずは行動するということが大事だと思います。
まずは、まみや接骨院さんに来て、自分で出来る対処法や自分で出来ることを教えてもらうことが大事だと思います。

(工藤 俊介 様)

※効果には個人差があります

「3回ヘルニアになり膝がガクガクとなり、そんな時にまみや接骨院を見つけました」

接骨院ジプシーでした。
接骨院、整骨院の看板を見つけると何も考えずに入って、週5回、鍼とかやって、良くなったかなと思ったら一向に良くならず、
まみや接骨院さんの看板を見つけて電話しました。
1ヶ月半くらいまではちょっとずつ変化があったのですが、2ヶ月半くらいたった時に急に越野痛みがなくなりました。
痛みが今までの8分の一くらいになって歩いていて楽しいです。
膝も健康の範囲内に入っていることがわかって今では健康そのものです。
体がボロボロだったのですが3ヶ月で結果が出ました。
関先生を信じて施術にきてください。

(服部 英司 様)

※効果には個人差があります

「膝が引っかかって痛くて、6回の施術で全く痛くなくなりました」

膝が引っかかるような感じがして痛くて、スケートをしていても楽しくないなぁという状況でした。
整体行ったり、接骨院に行ったり、整形外科に行ったり色々言われました。ヒアルロン酸の注射をしたり、それでも良くなりませんでした。トレーニングをしても良くならなくて痛み止めを飲んで試合に出ました。
施術の1回目から良くなって6回目が終わったら全く痛くなくて思う存分にスケートが滑れます。
スケートをやるのが楽しいです。
(まみや接骨院にかかられる前に医療機関に10軒ほどかかられていました。)

(狩野 亜門 様)

※効果には個人差があります

「膝の痛みが4回で全快しました」

整形外科で「タナ障害」と診断されましたが痛みは取れなかったので、インターネットで検索して、
まみや接骨院さんを見つけました。
施術と並行して自宅で出来る体操と骨盤を整えるために歩くことを意識してやりました。
4回目の施術を受ける時には、もうすでに生活するのに何の支障も無くなっていました。

(小島 弘子 様)

※効果には個人差があります

「整形外科に行っても期待したものが得られませんでした。」

膝をついてやる仕事なのですが、1週間くらい前から膝が痛くて起き上がれない状態になっていました。
痛くてしょうがなかったので、とりあえず整形外科に駆け込みました。
レントゲンを撮って「うちでは関係ないよ。」ということで帰されました。
病名を言われたのですが、納得がいかずに調べて、こちら(まみや接骨院)に辿り着きました。
これで良くなるのかなと?疑いはあったのですが、終わった後に痛みが減りました。
疑ってしまってごめんなさい。

(クロダ エリ 様)

※効果には個人差があります

「サッカーが思い切り出来ます。」

2年前にサッカーの練習中に右内側靱帯を負傷しました。
それからずっと膝に負担がかかり曲げると痛くて常に太ももが張っていました。
まみや接骨院さんで施術して頂き、痛みなくサッカーが思い切り出来るようになりました。

(坂本 ひとみ 様)

※効果には個人差があります

「年長の頃から続いていた膝の引っかりと痛みが取れました」

年長さんの頃から膝が伸びきらない感じがして、引っかかっていました。
痛みが悪化したために病院に行き「たな障害」とのこと。

自分で良くするための体操を教えてもらい、続けていたら引っかかるのと膝の痛みが取れました。

野球で痛めた肘も見てもらい、次の日から野球も体育も思い切りやって良いと言われたので、思い切りやりました。
頭痛もあったのですが、頭痛の回数も減ってきました。
教えてもらった体操を続けます。

(大場 瑛仁 様)

※効果には個人差があります

「タナ障害専門ということで相談させて頂いてよかったです。」

中村様近所の接骨院で「タナ障害」と言われて通院していたのですが、なかなか良くならずに膝も痛いし、ストレスも感じていたので、「タナ障害専門」の先生だということを見つけて思い切って施術をお願いしたところ初回の時に40日くらいで良くなると言われて、「そんなに早く良くなるの?」と思って、嬉しくて、教えて頂いた通りに体操など家で出来ることを毎日続けていたら本当に40日くらいでピタッと痛みがおさまりました。

心配なことは、すぐに相談できるので安心して生活が出来ています。

(中村 美香 様)

※効果には個人差があります

 

タナ障害について
もっと知ろう!

タナ障害のお得情報などをコラムでまとめました

↓↓↓

 

コラム一覧

サッカーで痛めたタナ障害が改善しない時には>

太ももの太い方の膝が痛いタナ障害のあなたへ>

なぜあなたの棚障害が治らないのか?【治療業界を内側から見た本音】>

タナ障害でお悩みのあなたへ〜施術を受けられた体験談〜>

本当にタナ障害なのか?訳わからなくなっているあなたへ>

タナ障害で膝が引っかかって痛くても走りたいあなたへ>

棚障害・滑膜ひだ障害で太ももに筋トレは意味ない…?>

棚障害の時にやってはいけない姿勢とは?>

棚障害で名古屋からご来院されました。>

タナ障害の改善は、ここから始めてみましょう!>

タナ障害の治療で絶対にやってはいけないこと>

タナ障害で思いっきり走れない時に読んでみて笑ってください>

タナ障害の施術の体験者様の声>

タナ障害は手術しないで良くなります>

 

 

まみや接骨院が選ばれる
他とは違う7つのポイント

 

歴28年・のべ17万症例の実績を持つ院長自らが施術を担当

説明

当院ではすべての施術を院長自らが担当いたします。無資格者や経験の浅いスタッフにあたることもございませんので、安心してご来院ください。

 

 

②根本改善のために原因を特定していきます

カウンセリング

症状を根本改善するためには、その原因を知ることが重要です。当院では初回のカウンセリング・検査に時間を掛け、徹底的に原因を洗い出し、アプローチしていきます。

 

 

③国家資格取得者による安全な検査

検査

わざと身体に負荷を掛ける検査法を採用する施術院もありますが、当院ではそのようなことは致しません。それは身体を壊すことに繋がるので、身体への負担を考慮した検査法を用いて状態を調べていきます。

 

 

即効性の高い施術でその場で効果を実感

アフターケア

お客様自身に、変化を認識して頂くことが重要ですが、当院の施術を受けると、体の明らかな変化を実感して頂けます。

 

 

痛みの無い身体に優しい整体です

施術

当院ではボキボキ鳴らすような施術ではなく、身体に負担の掛からない緩やかな施術を行います。妊娠中の方やご高齢の方も安心して受けて頂けます。

 

 

アフターケアも充実!さらに健康な身体へ導きます

アフターケア

当院では自宅で簡単に出来るセルフケア指導にも注力。700種類以上の動画資料を用意しており、症状や身体の状態に合わせてアドバイスします。

 

 

⑦院長は身体の専門家としてラジオにも出演

ラジオ出演

当院院長が「ホンマルラジオ表参道」に接骨院院長としてゲスト出演しました。

 

 

当院は全国の有名整骨院・
整体院からも厚い支持を
頂いております

 

「指導者としても施術者としても凄腕の持ち主です」

あらい接骨院
柔道整復師・はり師・きゅう師 日本医学柔整鍼灸専門学校講師 柔道整復研修試験財団認定実技審査員 全日本柔道連盟公認柔道指導者A指導員 全日本柔道連盟公認Bライセンス審判員 埼玉県柔道連盟指導者資格審査委員会委員 川越市柔道連盟柔道普及委員会副委員長 講道館柔道六段
院長 新井 丈夫先生

関先生とは日本医学柔整鍼灸専門学校で一緒に教鞭を取らさせて頂きました。
授業中にことあるごとに、「関先生が言ってました。」と学生達がよく言っていたのを覚えています。
学生達に早い時期から大切なことを教えていらっしゃるのだなと、いつも思っていました。

学生達も怪我をすると関先生にみてもらいに行く人たちも多く、でも施術の理論は学生達には絶対に教えなかったそうです(国家試験で混乱が起きないように配慮して、混乱が起こった時の責任が取れないためだそうで、実際は卒業したら全部教えてくれるそうです)。

いつも業界の底上げをしたいと熱く語っていらっしゃる真剣さに感動していました。
そんな関先生の施術を受けて良くならないわけがありません。

関先生のお近くにお住まいの方も遠方の方も、関先生を見つけたらすぐにかかりましょう。
いち早く問題を解決してくれるので、すぐに連絡をしてください。

関先生がお悩みを解決してくれます。
関先生を推薦致します。

「安心して施術をお任せして、お体を預けられる先生です」

NORI’s接骨院
柔道整復師 2020年東京オリンピック ウェイトリフティング競技帯同トレーナー 令和四年度日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)
院長 古屋 範明先生

関先生の「生体潤滑理論」を用いた施術を受けたこともありますし、見学させて頂いたこともあります。
物理学の法則が生きている体の中で起こっている事実をもとに一般的には見えにくい事象を物理学で読み解きながらご利用者様の体の症状の整合性を説明される姿は思考能力の限界を遥かに超えたところでもあり、しかしながら、それをわかりやすくご利用者様にお伝えしている現場を見せて頂いた時には感動でした。

関先生はセミナーや勉強会で講師をされ今はプロに教えていらっしゃいます。
後進の指導のための施術の教材のDVDでご自身の技術を公開されて、質問すれば何でも的確に教えて頂けます。
関先生のDVD教材も技術も本物です。

私も関先生がその場にいらっしゃるだけで安心します。
安心して施術をお任せして、お体を預けられる先生です。
お悩みを解決して、痛みがなくなった後にやりたいことが何でも出来るように関先生が一緒に目標達成に向けて寄り添ってくれます。

出来なかったことが出来るように関先生と一緒に頑張りましょう。

「短時間に体の状態を読み取って施術をして下さる凄い先生です」

肩・腕専門リハビリ整体院「肩の匠-takumi-」
理学療法士・柔道整復師 院長
市川 俊成先生

あるセミナー会場で、関先生の施術を受ける機会がありまして、その時に衝撃を受けました。
本当にソフトで緩やかで短時間に体の状態を読み取って処置をしてくださいましたことが見たことがないほど凄かったです。

勉強会やセミナーにおきましても積極的に発言されていて、周りを引っ張っていってくれています。
医療者としての背中をいつも見せて頂き凄いの一言です。

そんな関先生の施術を受けられる方は、よほど運が良いと思います。

お体の痛みでお困りの方は、まみや接骨院の関先生の施術を受けられることをお勧めします。

「指導実績は、他の医療者に比べて圧倒的です」

よの中央接骨院整体院
柔道整復師 院長
蔵楽 俊樹先生

関先生の技術は、これまで1500人以上に指導してきたものですが、その指導実績は、他の医療者に比べて圧倒的です。
関先生の技術は、シンプルで理論もきっちりしたもので、再現性が非常に高いです。

プロがプロに教える技術で施術してもらえる以上の安心感はないと思います。
関先生は良くなっていくのに時間のかかるものもあると、おっしゃっていますが、施術を受けられる方の人生の最後まで、どう生活の質をよく過ごして頂けるかを見ているのだといつも言っています。

ご利用される方が施術を受ける日々も大切な人生の時間の一部なんだと言っています。
ご自身で改善出来るようになって頂くことで、いつまでもその改善方法が財産になると思います。

体を改善しながら一生の財産を早く手に入れて安心して暮らせる日々を迎えてください。

 

 

キャンペーン

 

4月13までに
\ ご予約の方に限り /

 

膝専門のスペシャリストによる
整体コース

初回4,980円
※通常1回9,150円~

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

※全て税込価格

 

tel:0355670120予約フォームマップ

 

北区の整体なら「 まみや接骨院」 PAGETOP