東京都北区膝の痛み専門治療院、まみや接骨院の治療のベースは「構造医学」です。

問診

*「構造医学」とは

「構造医学」とは、医学の世界で初めて「地球の重力」を診断と治療に導入した医学です。

重力と医学がどうつながりがあるのかと不思議に思われるのも当然ですが、これが大きく関係しています。

例えば、休日に長い時間寝て、起きると腰や背中が痛くなることがあると思います。

これは、寝ていた時間が長いほど背骨の各関節の並びが乱れて痛くなっているのです。

そして起きて歩いているうちに痛さが消えていきます。

これは、重力が正しく影響しているからであり、痛みはこのようなバランスと重心の乱れから起こります。

患者さんの多くは、膝の痛み、股関節の痛み、腰痛、肩こり、首コリで悩まれていますが、主な原因は身体のバランスを崩していく間違った生活習慣にあり、問題のある関節内では骨と骨の隙間が狭くなったりして摩擦が起こっていることが多くなっています。

関節内の関節液(潤滑油)が関節内全体にいきわたって正しい位置に導かれ、痛めていたところがスムーズに動くようになります。

膝の痛みイメージ

*「構造医学」の考え方

構造医学では、治療と生活習慣改善の双方による根本治療を目指しています。
そのため痛いところだけを施術するのではなく、身体全体のバランス、特に身体の中心である骨盤(特に仙腸関節)の潤滑を取り戻すことで正しい位置に導いてから徐々に痛い部分への施術を行います。

また構造医学の診断と治療は、患者さんの身体に負担をかけないことを旨としており、無理に引っ張ったり、牽引機で施術は行いません。

また、マッサージも部分的な応急処置的なものであり、筋肉を傷めてしまう可能性があるため、マッサージも行うことはありません。
完全に安全を担保した状態で処置を行います。

*「構造医学」に基づいた、まみや接骨院の指導

当院には毎日通院していただく必要もありません。

初めに週に1~2 度来院していただいても、その他の日がそのままの生活ではすぐに悪い状態に戻ってしまいます。

そのため、まみや接骨院では、日常生活の指導も行います。

これは膝の痛み、股関節の痛み、腰痛、肩こり、首コリなど関節痛や病気を作った誤った生活習慣(原因)に気づいてもらい、正しい身体の使い方を学習することで、治癒を早め再発を防ぐためのものです。

これはマッサージや針治療、注射、シップ、飲み薬などの対症療法ではなく、根本的な原因治療です。

また根本的な原因治療のためには、自ら健康になろうとする前向きの姿勢が大切です。

基本の指導項目は、「姿勢の意識」「歩行指導」「生理的局所冷却法(アイシング)」になります。

姿勢の意識は座り方や立ち方、歩行指導・アイシングは正しいやり方などをお伝えしていきます。

自分で自分の体を治せるようにすると、不安が消えます。

自分で自分の体を守れるようにしましょう。

院長の私、関 学が納得のいく治療をしてみせます!!

もしあなたが病院や整形外科で膝の痛みを取るために何年も治療を受けているのにもかかわらず、少しずつ悪化をしているのであれば、まみや接骨院はあなたのお悩みを解決することが出来ます。

もしあなたが本気で手術をせずに治したい、自分の責任で頑張って治したいとお思いでしたら今すぐにご予約下さい。

http://kitakumamiya.com/index.php