「壮快」にタナ障害の記事掲載!

おはようございます。

まみや接骨院の関です。

お久しぶりのブログになりましたが、

これからまた、あなたの役に立てるブログを発信していきますので、
宜しくお願い致します。

さて、健康マガジン6万部発行の月刊誌「壮快」に、
私、関の「タナ障害」にまつわる記事が掲載されました。

画像の説明

*1月15日に発売されました2022年3月号です。

改めて告知とタナ障害に関する情報を正しく知って頂くべく、
まとめて書いていきますので、タナ障害に悩んでいるあなたは、
最後まで読んで頂き、タナ障害は恐くない!
ということを知ってもらえたら今回のブログを書いた私の目的は達成ということです。

なぜ?タナ障害になるのか?

はじめに、なぜ?タナ障害になるのか?についてですが、原因は様々です。

身体の中での問題•原因として、骨盤の歪み(骨盤のズレ)が根本的な原因となることがほとんどですが、なぜ?骨盤に問題が起こるのか?は、生活環境の中に原因が隠れています。

多くの方が、いつ?何か特定の動きをしていたくなったというよりも、
いつの間にか痛くなってきて、どんどん悪化していったということが多くみられ、

自分で骨盤を痛めることをしたということを認識出来ないまま膝が痛くなっていき、
医療機関を何軒も渡り歩いた挙句に「手術しかありません』と言われ、
ショックを受けてしまいます。

そんなことを経験された、あるいはこれから経験するかも知れないと、
少し恐くなってきている方もいるかも知れませんが、原因を知って、
対策をしていけばほとんどのタナ障害は手術せずに完治します。

タナ障害になる要素とは?

次にタナ障害になる要素として、根本原因は骨盤にあると書きましたが、
骨盤を痛める原因として、過激に骨盤を痛めてしまうものをいくつかあげてみます。

1、階段を駆け降りる癖がある。
2、座る時に尻餅をつくようにドシン!と座る。
3、室内のスポーツ競技をしていて急激に切り返すような動きをすることがよくある。

この3つの要素は、意外と無意識に 日常的にやってしまって、
癖がついているので、毎回の骨盤を痛める要素が身体の中に蓄積して、潜在的に骨盤に損傷が存在している中で、ある時に突然、腰に痛みは認識しないままに膝の痛みが顕在化して、膝の痛みと引っかかる感じとして、認識するようになります。

特定の膝を痛めた瞬間が分からなくても大丈夫です!

これら三つの要素を取り除いていく生活習慣を癖づけていけば、
治療は自動化します。

治療の自動化とはとても大事なので次の章で詳しくお話をしていきます。

治療の自動化とは、、、?

私たちは普段何気なく生活している中で、気づかないうちに骨盤を壊しています。

そして、普段気づかないうちに、その壊れた骨盤が修復されているために、骨盤が壊れていることに気づかないまま、1日が過ぎ、
また1日が過ぎ、という中で生活をしています。

日常生活の中で壊れた骨盤が自己修復の機序の中であれば、
自然と治っているのに対し、生活習慣の変化や、
あるいは普段の生活の中での体を毀損するような要素が蓄積されたものが顕在化してきて、膝の痛みを生じます。

ご自身で膝を痛めることが心当たりがないことが多いものですから、
見えない原因を考えると人は恐いのですね。

この恐さを上手く交わす方法は後述しますね。

ここまで来れば、もう理解して頂けましたよね?

そう、この習慣を変えることが治療になっているのです。

そのように習慣がついてくると、自然と意識することなく生活していく中での自己修復機構が最大限に発揮されて体の調子が良い方向に向かっていきます。

自分で治療してみよう!

治療するのに必要なことは、たった三つだけ。

1、歩幅を大きく歩く
2、氷で冷やす
3、骨盤を整える体操をする

補助的に局所の関節の軸を戻すための体操を動画を貼っておきますので活用してください。

ただし、、、。
ベストは自分で出来るようになるまでに私に診させて頂くか、
ご自身が自信を持って自分の体を治す体操ができるようになるまでは誰かに見てもらうことがとても大切です。

我流にならないように修正してもらいながら治療を進めていくのが最も安全で一番の早道です。

こちら2つの動画は必ず視てください。
https://www.youtube.com/watch?v=vG5fbfmB-64
https://www.youtube.com/watch?v=BoY45YB0IcM

1については、1センチでも2センチでも歩幅を大きくすれば、
治療するための歩行は成立していますから、くれぐれも不自然にならないように自然に歩いてください。

2については、こちらも動画を貼っておきますので最後まで視て、
何回も視て、習慣をつけて、安全に行ってください。

:必ず氷を使用して、保冷剤等は使わないでください。
https://www.youtube.com/watch?v=vZ6I03uGDOo

3については一番の基本となるものの動画を貼っておきますので、
この体操を基本に治療を進めてください。
https://www.youtube.com/watch?v=VJMKK8CVGaY

以上三つプラス膝の局所の体操が一つとなっています。

これらを継続して体を治していく、そして今後は、なるべく壊れないような体を作っていく、身体の不調に気づいたらすぐに自分で修正していく、、、。

このように生活を習慣づけていけば、もうあなたは一生、身体の痛みに悩まされることは無くなるでしょう。

何しろ、早めに自分で修正する、補正することが、
ポイントです。

自分で自分の体を治せる力を身につけるということは、
正しく情報をとって、事実を確認しながら進捗を確認していけるということです。

正しく情報を取るために、正しい情報を持っている人に教えてもらいにいきましょう。

最後に

もし、治療している最中に思うような結果が得られずに不安になってしまったら、紙とペンを用意して、不安に思っていること、

どんな些細なことでも紙に書き出してみましょう。

これをすることで恐怖が頭の中で増幅することなく忘れることが出来て、また前向きな気持ちになって治療を積極的に行えるようになって、治療が進んでいくことでしょう。

また不安な時には、私に会いにきてください。

あなたが元気に治療を進められるように一緒にお話をしましょう。

そのようなわけで、

今日のブログは以上となります。

お一人で悩まずに、是非、
私に会いにきてくださいね!

a:121 t:1 y:0

コメント


認証コード6023

コメントは管理者の承認後に表示されます。