変形性膝関節症治らないで検索したことありませんか?

画像の説明

変形性膝関節症と診断されて病院や整形外科でリハビリをして、
電気をかけて、温めて、マッサージをして、「モモの筋肉をつけると膝の痛みは取れますよ。」

と言われたから椅子に座って膝を伸ばす運動をやって、少し負荷をかけるために足首に1キロの重しをつけて膝を伸ばす運動をやって、モモの筋肉やアキレス腱、モモの内側の筋肉を伸ばすストレッチをやって全部やったのに治らない、、、。

挙句の果てに「人工関節手術しかありません。」と事務的に言われて、
どうしても手術しないで治したい、

手術のほかに何か方法はないものかとお探しで、膝の痛みを手術しないで本気で治したいあなたの為にこの記事を書いていきます。


変形性膝関節症と診断された後に痛みが無くなった人も変形がなくなったわけではない事実

変形性膝関節症と診断されて痛みが無くなる人がいますね。

その人たちは変形自体がなくなったわけではないことを疑問に思いませんか?

何故?自分だけ治らないのか?

途方に暮れてしまう時があるかと思いますが、ご安心ください。

私、院長の関が事実を紐解いてあなたにお伝えします。

立川志の輔さんの小話で、「整形外科に行って膝が痛いと言ったら年のせいだと言われた、先生、反対の膝も同い年なんです。」

と言った落ちのお話なのですが、、、。

何故?片方の膝だけが痛いのか?

この小話だけではなく事実片方の膝だけが痛い人がいらっしゃいます。

右ひざと左ひざの違いは何なのか?

答えは骨盤の破壊現象によるものであります。

構造上、肝心かなめの骨盤は人間の体の中で一番初めに壊れてしまいます。

この破壊と復元を繰り返す中で時間の経過とともに破壊の要素が強ければ痛みが増してきます。

復元の要素が強ければ痛みが取れてきます。

骨盤が破壊されていて、膝の痛みが出てきたのであれば、
当然、骨盤の問題が解決されなければ膝の痛みの根本的な解決にはなりません。

例え、一時良くなったのに、また時間がたつと痛くなってくるということがあれば骨盤の問題が解決していません。

そのために同じことを繰り返して、時間の経過とともに悪化して一番最後に人工関節手術と言う笑えない結果になってしまいます。

人工関節手術によって問題が解決すれば、それはそれで良いことなのですが、人工関節手術をしたにもかかわらずに膝の痛みが違う痛みとして残ってしまっているとか、

お風呂に入ると、すごく冷えている感覚がわかってそれがストレスになっている人もいらっしゃいます。

人工関節手術をしたにもかかわらず、ずーーーーーっと、
病院に通い続けなければならない人生を送る方もいるわけです。

本来は、人工関節手術をする前の段階で問題解決をしなければならないのですが、残念ながら今の日本の整形外科の領域で人工関節手術をしないで痛みを取ることが出来る医師や医療者が少ないのが現状です。

整形外科が混んでいるのは大概、治らない人たちが累積していって治らないから通い続けて最後に人工関節手術になって、人工関節手術をしたのに違う問題が出てきてまた整形外科のリハビリに通い続けるということになります。

こうならないために、あなたは事実を知って認識して、どうすれば自分の膝の痛みが取れていくのかを知らなければ自分の体を守ることが出来ません。





人工関節手術を奇跡的に回避する方法

まず、初めに自分の体が何時壊れているのかを認識する必要があります。

自分の体が何時壊れていくのかがわかると壊れていく要素を回避することが出来ます。

危険回避が出来ると体を壊さないために、一つ治っていく要素を手に入れることが出来ます。

体を壊す要因はたくさんあって、そのすべてを取り除くことが出来れば、あとは治っていくことは当たり前のお話なのですが、

医学の中の世界だけで治療しようとすると教科書に書いてあることや、ただ薬とシップだけを処方することしかできない医師がたくさんいるわけです。

「様子をみましょう。」
と言われたところで治療が進んでいかない場合には、何かが必ず滞っています。

その滞りを促すためには、何が問題なのかを知る必要があります。

何が問題なのかは、自分以外のところ、いわゆる環境にあることを知ってください。

痛いところだけ、あなたの体の中だけで問題を解決しようとするのが現代の整形外科領域での標準診療です。

あなた以外の環境の問題に対してコントロールして治していくことが出来る医療者であれば、普通に治るのが普通なのです。

であるから今まであなたの膝の痛みが治らなかったわけであります。

痛みが取れたら=治ったと思われると思いますが、ちょっと待ってください。

あなたの膝の変形自体が復元されて20代のような関節の形になるわけではありません。

痛みが取れた後にレントゲンを撮っても多少関節の中がきれいになったことが確認されることもありますが、関節は変形したままです。

関節が変形しているのに痛くないということはどういうことか?

答えは「関節の中が生理的に機能していること」ということです。

100歳の方が全身変形しているのにもかかわらず「痛いところはどこにもない」状態で元気な姿でいられるのは、その方にとってその形が生理だということなのです。

生理ということはその状態が生きていく理に則っているからであります。

変形しているから異常であるととらえることしかできない医療者には、これを説明することが出来ないので「個人差である」とか「信じられない」とかいうことしかできないのです。

あるものを無いととらえてしまうのは非常にもったいないですし、あなたの膝が治らないのは生理的ではない状態だからなのです。

''でも大丈夫です。
''

これからあなたの膝を治す為に必要なことを書いていきます。

まず、歩幅を大きく歩く癖をつけること

このことにより、あなたの壊れている骨盤がしっかりと上半身の体重を支えられるようになって関節の中の圧力が高まり生理的に潤滑して自動的に復元されて安定していきます。




膝と腰を冷却する

袋に大量の氷と少しの水を入れて袋をもんでください。
袋の中の氷の霜と角が取れて凍傷の危険が無くなります。
この時に絶対に保冷材は使わないでください。

保冷剤をじかにあてると凍傷を起こし、タオルで巻いて使うと深いところまで冷えません。

必ず氷を使用してじかにあてて中の熱を取ってください。






骨盤を自分で補正する

画像の説明



この体操を行うことで、あなたの骨盤が補正され、骨盤が補正されることによって、あなたの膝の関節の軸が正しい位置に収まり、傷ついた組織を修復させる機転に入ります。







この3つが基本中の基本です。

いかがでしたか?

この3つを実践することによって人工関節手術しかないと言われた、あなたの膝が手術することなく痛みが無くなるのであれば、

やってみる価値があると思いますがいかがでしょうか?

是非、実践して人工関節手術を回避してください。

もしあなたが人工関節手術をしないで痛みを無くしたい!

根本的に治したい!

本当の決着をつけたい!


と、本気で思われるのであれば、まみや接骨院はあなたのお力になれます。

人工関節手術しかないと言われたあなたの膝を手術することなく、治すことが出来る唯一の場所です。

本気で治したいあなたのためだけに全力で治療をさせて頂きますので勇気を振り絞って、初めは怖いと思いますがご予約のお電話をください。

あなたの一歩踏み出したその勇気を私がきっちりと受け止めます。

それでは、奇跡を起こした方、東京都葛飾区立石在住の小屋敷良一様と、院長の私、関 学との対談動画をご覧頂いたうえで、

治療を必要とされる方のみお電話をください。

では、良い週末を!!

https://youtu.be/-djeAHHA6AI