ひざを曲げると痛いあなたへ。

膝の痛みイメージ

*タナ障害かも知れない?

ひざを曲げると痛い!
ひざが引っかかる感じがする
ひざのお皿の下の内側が痛い
ひざのお皿の下の外側が痛い
階段をおりると痛い

この様な症状があるのでしたら、あなたは「タナ障害」
言われるひざの損傷を起こしている可能性があります。

MRIを撮って検査して「MRI画像には何も写っていない」と言われて
いるけど、どうしても膝が痛い、自分のひざはどうなっているのか?

何軒か病院を渡り歩いてやっと「タナ障害」と診断を受ける方もいらっしゃいます。

タナ障害と診断を受けたもののリハビリの先生に「太ももの筋肉をつけると治ります。」と言われて太ももの筋肉をつけるための運動やトレーニングをして筋肉がついてきているのに一向に痛みが取れないと感じているのでしたら太ももの筋肉をつける以外の治療を選択する時が来たのかもしれません。

筋肉がついてきていてもその筋肉が機能していなければ無いのと変わりませんし使い方をきちんと体が覚えなければ、折角つけた筋肉を使わないともったいないです。

まみや接骨院では体の正しい使い方をお伝えしています。

この正しい体の使い方は、体を壊さないようにすること。
正しく体を使う事によって、その動きが治療していることと同じ効果を発揮できるようにすること。
です。

こうすることによって治療が自動化します。
治療が自動化することによって体がもしも痛くなってしまっても自己補正が出来るという事です。

これらを知ることによってあなたのひざは治っていきます。

治っていくための順番をきちんとお伝えします。

もしあなたがひざの痛みを治したいと思っていてまみや接骨院に行こうかどうか迷っている間に時間だけが過ぎてしまいますので、

勇気をもって一歩踏み出してください。

あなたの一歩踏み出したその勇気、私が受け止めます。

東京都北区で唯一のひざ専門治療院
まみや接骨院
院長 関 学

*迷われているあなたは今すぐにお電話ください。
留守番電話にお名前とお電話番号をお残し下さい。
24時間以内にかけなおし致します。

コメント


認証コード8636

コメントは管理者の承認後に表示されます。