こんにちは。

院長の関です。

接骨院のデスクより、、、。

今日は、形(かたち)です。
さっそく皆さんに質問です。
筋肉はどんな形をしていますか?

心臓を中心に外の方向へ(体の末梢の方向へ)円錐(えんすい)の形をしています。
足先や手先、頭の方向へ、
円錐は例えばマヨネーズの容器と同じで、ビューっと出すものです。

逆に言うとビューっと出すために円錐の形になっています。
エネルギーを伝達しやすくしているのが円錐の力です。

そこで大切なことを一つ、人間の体で肩から頭にかけての円錐が僧帽筋と言って頭に向かってすごく大きな円錐です。

なぜ、こんなに大きいのかというくらい大きく、
これは脳に大量の血液を送るためです。
そしてここは網の目のように張りめぐられた静脈でびっしりです。

静脈の働きで一番大切なことは、熱を奪って体外に出すことです。
動脈に沿って走行しているのはそういう意味もあります。

そして「歯」の形を見てみますと円錐の形をしています。
大きな力のかかる奥歯は下に向かって円錐が二つもあります。
これが海綿という静脈の血の海に埋まっているのです。

咀嚼(噛む)という大きな力が熱エネルギーに変換され、
その熱を静脈が奪っているのです。
だから歯槽は血の海、つまり海綿なのです。

話を元に戻して、僧帽筋ですが、皆さんが肩こりを起こすところがここですが、脳にいっぱい血液を送るための大きな円錐です。
血液は、タンパク質なので40℃で固まります。

そのために、この辺りを温めると血液が凝固(固まる)します。
固まった血が脳みそに飛んだら脳血栓を起こします。
アウトです。

ましてこの部分を牽引(引っ張る)したら危険です。
例えば水道につなげるホースを引っ張れば細くなりますね?
細くなれば流れは当然悪くなります。

そしてもう一つ、
消炎鎮痛剤のシップや飲み薬などは交感神経の緊張作用があるので
常用すると血管が収縮するので血圧上昇や不眠を起こします。

そして
また血圧が上昇して降圧剤を飲んで、降圧剤を飲んだがゆえに
頻脈になって筋肉の緊張を伴うので肩こりや
筋緊張性の腰痛になり、血流悪化を起こすので
目の疾患が起こってくるということになります。

薬剤には副作用もありますから、
なるべく薬剤を使わないで治す方法が「まみや接骨院」
あることを頭の片隅にでもおいていただけたら幸いと存じます。