温めたほうが良いのか?冷やしたほうが良いのか?

こんばんは。
東京都北区、膝の痛み治療の専門家、関です。

今日は、温めたほうが良いのか?
冷やしたほうが良いのか?
温熱と冷却についてお話ししましょう!

まず、私のところ、東京都北区、膝の痛み専門の「まみや接骨院」では
絶対に温めることはしません。
何故なら、昨日も少し触れましたが、温める行為は、そのものを膨張させる力を持っています。

ブラウン運動、そう呼ばれる事象が起こります。
これは、温めるとその部分だけ分子が活発に動き回り膨張します。
人の体の一部分を温めると、その部分だけ腫れさせるという事になります。

たまにテレビで変形した膝の手術の模様を写したりしているときがありますが、軟骨が溶けていることがはっきりわかります。
例えば、医療機関で長い期間マイクロウェーブやホットパックで温めていたりすると、

特に軟骨部分はコラーゲンがほとんどなので軟骨が溶けます。
まみや接骨院にも膝が異常にいびつに変形している方がみえますが、お話を聞いていくといつも温めていたとおっしゃいます。

そういうわけで、絶対に温めてはいけませんよ。
但し、体温が逃げないように、下がらないように保温はしてくださいね。
「先生、ではお風呂はダメなんですか?」

と質問されます。
お風呂に入ることは経時的にみると体を冷ます行為なのであります。
お風呂から上がった後は体の表面が温かくなり、それは血液の流れが良くなったわけではなく熱が加わったために表面の分子が活発に動き、熱をどんどん体外に出している行為であったのです。

熱をどんどん外に出して中を冷ましている行為であります。
体の中に起こる障害は、いかに熱を外に捨てるかなのです。
便が温かいのもその為なのです。

日本の湯治とはじつはそういう意味なのであります。
さて、以前にもお話ししましたが、脳はリポ蛋白という脂で出来ています。そのため、脳は40℃で溶けます。

人間の体はそのほとんどがタンパク質ですね。
タンパク質は何℃で変性するでしょうか?
正解は40℃!これを非可逆性温度と言います。

一度、蛋白の塊の生卵がゆで卵になったらいくら冷ましても元に戻りません。
そういうことを踏まえて、例えば膝が痛いからといって、そこをマイクロウェーブやホットパックで温めると中で二次的な組織の変性が起こります。

マイクロウェーブは電子レンジのことであって、中からじっくり温めます。
関節部分は軟骨組織でコラーゲンですから、温めれば溶けます。

溶けたら大変であるために溶けないようにそこに水をためて冷やそうとします。
それでも一生懸命に温めればその水さえも蒸発して、あとは骨の変形を待つのみということになります。

でも大丈夫です。
冷却することによってブラウン運動という分子の乱雑な動きがなくなりますので、毛細血管は若干縮まりますが血液の流れは良くなります。

冷やすのにもじつは適切な温度があって、これが0℃~4℃です。
この4℃には意味があって比重の話が出て来るので次に行きましょう。
冷蔵庫のチルド機能を思い出してください。

チルド室の温度はじつは0℃~4℃なのです。
この温度は蛋白を壊さない温度であります。
長く新鮮でいられる温度であるのです。

そのためにケーキの中に入っている保冷剤を直接に人の体に当ててはいけません。
氷は解ける時に0℃になりますので、霜を取った氷を使用してください。

そしてシップについてですが、夜に寝る前に貼って朝起きるまで貼っているかたがいますが、この場合、シップ自体が熱を吸収して温まって患部に熱がこもります。止めて下さい!

その流れで、女性の生理痛のお話しです。
カイロをお腹に貼っている人がいますが、いけません。
熱は膨張する力を持っていますので、中の臓器が大きくなってしまいます。

筋腫、卵巣嚢腫、ガンなどの原因になりかねません。
腹巻などで冷えないように保温をして下さい。
生理痛の痛みが強い時には、痛い場所をピンポイントで局所だけ冷却して下さい。

生理痛のひどい方は、みなさんカイロでお腹を温めています。
その方たちのほとんどが冷え性です。
体の中心部を温めるとどうなるか?

温めすぎるとそこから熱を放出しないと組織が熱でやられてしまうために体全体の熱をその部分に集中させて放出させるために手足はどんどん冷たくなります。

そして生理痛のひどい方はほぼ100%腰が悪いです。
そして歩いていらっしゃらないのですね。
私のところでは腰の治療も氷を使用します。

気持ちいいですねと言って、しばらく腰痛の治療を続けていると「先生!手足の冷え性が無くなっています!」と言って喜んで頂いております。

信じてシッカリと局所冷却をして頂いた方には凄く喜んで頂いております。嬉しいですね。
生理痛の方は、一生懸命歩くことから始めて下さい。

骨盤が正常な位置に戻ればかなり楽になりますよ。
それから大事なこと、本来の温熱療法は蒸しタオルを患部に当てがい、その蒸しタオルが冷めるまで置いておいたのであります。

じつは気化熱を利用して患部を冷ましていたのであります。
昔の方の知恵はすごいですね。
皆さんも痛むところを氷でしっかり冷やしましょう!

コメント


認証コード8262

コメントは管理者の承認後に表示されます。