腰が抜けそうなブログ

新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

さて今日は、腰痛のお話しです。
腰痛の中でも「腰が抜けそうに痛い!」という時のお話しです。

腰が抜けそうに痛い原因は?

腰痛持ちで長年悩んでいる人で多い症状が
腰に力が入らないといった症状や、ガクッと力が抜けてしまって腰が立たないといった症状が多いです。

最近は何らかの原因によりこれらの訴えを起こす方が増え続けています。

その結果、日常生活において支障をきたして
今までなら飲み薬で痛みさえ抑えておけばなんとか過ごせていたのが

どうにもならない、痛みがなくても腰の踏ん張りが利かなくなって、仕事にならないといった重要な問題に直面されている方達が沢山います。

ここまで来てしまうと
飲み薬や注射やペインクリニックといった薬物療法を持ってしても対応出来なくなっています。

それどころかひどい場合だと「手術しましょう。」と言われたり
入院をして「ずっと痛みが取れるまで寝ていなさい。」と言われたりします。

このブログでは慢性腰痛になった際にしてはいけないこと、姿勢、
そして回復する為に、まみや接骨院院長の関がオススメしている内容を全て公開します。

この記事からリンクしているすべてのページには有益な情報が

あるのでぜひ参考にして役立てて頂きたいです。

1、腰痛は本当は簡単に改善する

一般的に腰痛の原因を特定する上で、最も重要視しているのは「画像診断」であります。
そのため、原因がはっきりとわからないままに、以下のような説明を受けることがほとんどです。

・背骨の間が狭いから神経を圧迫している

・椎間板ヘルニアがあるから痛くて仕方が無い
・年相応の骨だから痛くて当然

このような間違った話ばかりを聞くことによって
簡単に治るはずだった腰痛が難しいことのようになってしまい
結果的に腰痛で悩んで過ごす羽目になります。

腰痛の原因は画像診断なんかではわからない。
しっかり身体を触れて、話をきいてそれらを合わせて十分な鑑別診断とともに吟味して判断していくものであります。

この事実をあなたに理解していただくために当院の実例を交えて紹介していきます。

1−1  意味のない画像診断を続けた場合の事例

まずは、意味のない画像診断を受け続けた場合の事例をご紹介する。

このような方には大きな特徴があります。
それまで診てもらっている病院に不信感を抱いて違う選択肢を選択するのですが、結果的に違う病院へいき同じ行動をとっています。

そこでまた同じような検査、処置を受けてまた他を探すという
意味のないルーティーンを繰り返すことになります。

これでは一向に改善しない・・・

理由は簡単で、この流れには原因がどこにあるのか?
という部分を全く考えていません。

検査をして薬をだす。というベルトコンベア式の流れ作業になっているだけで、 あなたの身体のことなど一ミリも考えていないし、

全く中身のない内容になっているからです。

つまり、原因を見つけずに何をやり続けても腰痛は全く改善しないのであります。

1−2 効果的な治療を受け続けた場合の事例

適切な治療を続けると、今までの痛みの歴史に一切左右されることなく
腰痛は右肩上がりでぐんぐん伸びていき改善していきます。

当院で改善されたかたの一部をご紹介しましょう。

患者様の体験談1
画像をタップすると体験を語ってくれた対談動画が見れます。

CIMG3810.JPG

こちらの方は、処置4週間目頃から不安がなくなっていきました。

適切な処置を適切に施せば腰痛は難しくありません。

いかがでしょうか?

これが「腰痛の原因を見つけて正しい処置をする」
という当たり前の考え方によって得られた成果です。

どんなに医療機器が発達しようとも、いくらいい薬が開発されようとも
原因がわからないところで全くいみがない事はお分り頂けたでしょう。

1−3  腰痛治療の本質

ここまでご覧頂いたように、あなたが腰痛治療で
改善という結果を得るためにも優先すべきなのは、

病名がどうのこうのということではなく、

まず、あなた自身の生活習慣における問題点を見つけ出す事です。

2 腰痛治療のまとめ

多くの腰痛患者は、今まで腰痛は難しい、

一生うまく付き合っていくしかない問題だと考えていたかもしれません。

なぜなら、腰痛というとヘルニアやら坐骨神経痛やらなんか今にも痛みだしそうな怖い病名が多いからです。

怖がっている時点で身体は変化を起こさない。

腰痛が改善することは難しくなる。

腰痛は正しく原因を発見し、

適切に処置をすれば改善していく問題であります。

まずは第一に不安にならないこと。
それが重要になってきます。

あなたの腰痛が一日でも早くスッキリすることを
願っています。

実際どうしようもなくなった場合はすぐにここへ連絡ください!

http://kitakumamiya.com