三角骨障害は何故病院で治療しても治らないのか?

三角骨障害が病院で治療しても治らない理由?
アラベスク

初めまして。

日本で唯一の三角骨障害治療の専門家、まみや接骨院院長の関と申します。

今日は、こちらのブログへの訪問、本当にありがとうございます。

今日は、足首の後ろ側が痛くて病院に行ってレントゲンを撮って、
「三角骨障害」ですねと診断されたのにもかかわらずに特に医師からこうすれば治りますとか、何日間くらいで治りますとかの治る見込みを聞くことが無いまま、ただシップと飲み薬を処方されただけで、

これから自分はどうなるのか?
不安に思っているあなたに整形外科の医師の嘘を暴き、
三角骨障害の本当の病態と治し方をご説明します。

こちらに書きました記事の通りに実践して頂くと、あなたの三角骨障害の痛みは治るようになっておりますので、ぜひ!こちらの記事に書かれたとおりに実践してご自身で三角骨障害の痛みを治して頂きたい。

|三角骨障害の本当の本態とは…?
先に答えを言います。

三角骨障害だから痛いのではありません、、、。

えっーーー!

と、あなたは思われたかもしれません。

ここで立ち止まって一緒によく考えてみましょう。

三角骨というものが体の中に存在していても足首の後ろ側が痛くもなんともない人は世界中にたくさんいらっしゃいます。

では、体の中に三角骨が存在していて足首が痛い人と、足首が痛くない人がいて、その違いは何なの?

と思いませんか?

この質問を整形外科の医師にぶつけると次のような答えが返ってきます。
「個人差。」、、、。

こっち(受診されたあなた)は、その「個人差」の中身が知りたいんだっちゅーの!!

と思ったところでそのように聞けるはずもなく、悶々とされていませんか?

痛い人と痛くない人の差はコチラです。
こちらの動画の内容がそのままあなたの体の中の足首の中で起こっている現象だと思ってください。
https://www.youtube.com/watch?v=btCaAZLBL-k

この動画の中で説明している「レバーアーム現象」を取り去ることによって今まで負担がかかっていた組織への負担が少なくなり、

負担が少なくなったことによって、常に受けていた刺激による組織の破壊現象が減少して、組織が回復する時間をとれるということになります。

この積み重ねで今まで病院で治療していたのにもかかわらず治っていかなかった足首の痛みがだんだんと治っていくのです。

では次にその「レバーアーム現象」をいかに取り除いていくか?
について書いていきますね。

三角骨





レバーアーム現象を取り除くことが唯一の解決方法?
実は関節って骨と骨同士はこすれていないんです。

骨と骨の間には紙一枚よりも薄いですが水が介在しています。

これはまぎれもない事実です。

水が介在しているということは擦れているというよりも、
流体摩擦という物理的な法則に人間の体が必ず従っていることを知りましょう。

流体摩擦は、適正に関節の面と面(骨同士)に圧力がかかっていると動きが良くなり関節面の適合性が良くなって関節を構成する周りの組織の負担が減ります。

負担が大きい時がまさに「レバーアーム現象が大きい」と表現します。

レバーアーム現象が少なければ少ないほど、壊れた組織が回復する時間を長くとれるのでそれはそれで大変すばらしいことです。

詳しいレバーアーム理論と【レバーアーム現象を知ればぎっくり腰は怖くないです】のこちらの動画をご覧頂くと「なんで自分の足首が痛いのか?」がわかります。

ご覧頂いて、あなたの足首の問題をいち早く解決してください。

レバーアーム理論はコチラ
https://www.youtube.com/watch?v=hvPbgClZWZg
後ほど更新します。

コメント


認証コード6927

コメントは管理者の承認後に表示されます。