棚障害で名古屋からご来院されました。

おはようございます。

東京都北区で唯一のタナ障害治療の専門家、まみや接骨院院長の関学(せき まなぶ)です。

今日もブログへの訪問ありがとうございます。

今日は名古屋から「棚障害」で膝が痛くて悩んでおられてご来院された工藤さんの治療のストーリーを書いていきたいと思います。

工藤さんは消防士さんをされていて職業柄、激しい訓練をしなければ行けません。

激しい訓練の意味は人様の生き死にとご自身の命の問題にかかわってくるからです。

画像の説明

*この笑顔をご覧ください。

膝をひねって痛めた

一番初めは膝をひねって痛めたと、ご自身は認識されていて、そこで病院に行ったり接骨院に通院したり、病院2軒、接骨院3軒と治す目的で通院していたにもかかわらずに治りませんでした。

そこで「棚障害」とインターネットで検索しているうちに、【まみや接骨院】の院長の私、関の書いているブログを読まれて「治療に行くしかない!」と思われたそうです。

そこで治療のご予約をされて愛知県名古屋市から泊りで二日間連続で治療のご予約をされて治療にお見えになりました。

治療をされた後のこの、笑顔をご覧ください。

まみや接骨院ではご自分で自分のタナ障害の治し方をお教えしています。

そのために自分で自分の「棚障害」を治す方法を覚えてしまえば一生安泰です。

そのためには膨大な情報をお伝えしなければならないために治療を受けられる方にとっては情報を処理することが大変なことも私、院長の関は知っています。

なので初回にご来院された際にご説明いたしますが、自分で自分の体を治す方法を身に着ける方法を完璧に取得するためには6回程度の通院は必要とお伝えしています。

治って終わりでしたら3回程度の通院が必要とご理解いただくと宜しいかと思います。

さて、膝を痛めるのにも一回の外力で痛めるものと一回の外力+色々な環境要因によっていくつかのケガが重なって蓄積されてくる場合と様々です。

この膝の痛みの痛め方を時系列で追いかけて、痛みの原因を十分な鑑別診断のもとにその原因を根本から治す為の体操や運動、治療が必要となります。

十分な鑑別診断がつかないのは、もちろんアウトですが、症状や痛めている場所を特定できない医療機関が存在するために困っている方々がたくさんいらっしゃることも事実です。

このようにはっきりとしない診断名をつけられたり、どうすれば自分の膝の痛みは治るのか?
が知りたいのに「様子を見ましょう。」「~~かも知れませんね?」などと言われてお茶を濁される患者さんにとっては恐怖以外の何物でもありません。

まみや接骨院では、はっきりと事実をお伝えして
1、どうすれば治るのか?
2、治る日数はこれくらいかかります。
3、必ず治ります。

この方法をお伝えします。

本題に戻り

治し方は簡単です。

関節の中の内圧を高めて(歩幅を大きく歩く)関節の滑りを良くして関節の中の滑りの良い環境が作れたならば、周りの組織の負担が減って壊れた組織の再生が完了すれば、あなたの膝の痛みは取れます。

これが完全決着をつける方法なのです。

こちらのブログを参考にしてください。
治す方法を全て公開しています。
あなたのお役に立てたのならばこれ以上の喜びはありません。
感謝



タナ障害を治す方法はコチラお役立ち記事です。
http://kitakumamiya.com/index.php?cmd=qhmauth

変形性膝関節症を治す方法はコチラ
http://kitakumamiya.com/index.php?QBlog-20180212-1

コメント


認証コード2102

コメントは管理者の承認後に表示されます。