タナ障害のあなたへ

タナ障害のあなたへ

膝を曲げると痛くて、引っかかっているあなたへ

東京都北区で唯一の膝の治療の専門家、
まみや接骨院院長の関と申します。

膝の痛みでスポーツのパフォーマンスを上げられない、部活を休みたくない競技レベルの高い子どもさんをもつあなたの子どもさんや、

マラソンや陸上競技で満足の行く練習が出来ないあなたはこちらの記事を読むべきです。

画像の説明

この記事を読んで行動に移せた人だけが、ご自身の望むスポーツ競技のパフォーマンスアップや試合での優勝、数多くの目標達成をすることが出来ます。

以下の症状に一つでもあてはまればあなたの膝はある症病名がつく疾患となります。

1膝が引っかかっる
2膝を曲げると膝の下の内側が痛い
3走っていると膝の下の内側や外側が痛くなってくる。
4病院でレントゲン上は何でもありませんと言われたが膝の下の内側が引っかかって痛い
5何軒も病院に行ってMRIまで撮ったのに原因がわからないと言われてわけわからなくなっている。

この症状は、「タナ障害」と言われる特徴的な症状です。

国家資格を持つ医療者でも聞いたことがないという人が沢山いるくらい知られていない疾患です。

この疾患に悩まされている方々は沢山いらっしゃいます。

医療者でさえ、知らない疾患であるにも関わらずです。

その為に大学病院を含む有名な病院に10軒かかって初めて「タナ障害」と診断名を初めて聞かされる患者さんがいるくらいに鑑別診断が難しい場所でもあります。

しかしきちんと膝の疾患と治療を学習と訓練を積んだ医療者にはしっかりと鑑別診断をすることが出来ます。

実際に当院で治療されてタナ障害の痛みから解放されたかたは、病院10軒行って一番最後にかかった整形外科で初めて「タナ障害」と診断されました。

しかし、診断名はついたものの、ここからが治療のやり方がわからない。

一般の病院や整形外科では「安静」「飲み薬」「シップ」が基本で、たまにリハビリ室があるところでは電気かけてシップするか、少しのマッサージをしておわり。

腿の筋肉をつけると治るよと言われてトレーニングをストイックにやって見るからに筋肉が盛り上がってついてきてきていることを実感しているにも関わらず、一向に痛みが取れない。

リハビリの先生に言われたことをそのままやったのにも関わらず良くならないと、パニックになります。

しかしリハビリの先生自体が腿の筋肉をつけると治ると思っているのですから治らなかったら次の方法がわからないのです。

そうすると、患者さんは治してくれる先生を探し求め続けなくてはいけません。

あなたやあなたの子どもさんがもし、上記の症状やこの記事で紹介したある患者さんのストーリーに当てはまるのであれば、

東京都北区で唯一の膝の治療の専門家、
まみや接骨院の私、関はあなたのお力になれます。

本気で治したい人だけご連絡を下さい。

あなたの目標達成を実現します。

今すぐに膝の治療のご予約をください。

http://kitakumamiya.com/index.php…

コメント


認証コード2289

コメントは管理者の承認後に表示されます。