仰向けで寝ると腰が痛いあなたへ

画像の説明

東京都北区で唯一の仙腸関節治療の専門家、まみや接骨院院長の関です。

仰向けになって寝ると痛い腰の痛み、辛いですね!

何故痛いのか?

それは、寝ていると重力がかからないために、骨盤の仙腸関節と言う
腰骨の下のほうにある関節に圧力(上半身の重み)がかからないために

自然と骨盤にゆがみが出てしまい、その結果、関節のまわりに存在する筋肉や

靱帯などの関節を構成する組織に引っ張られる力が加わり、痛めている組織に刺激が
入るために痛むのです。

どうすればいいのか?

骨盤は輪っか状になっていますので、仰向けで寝る際には水の入った袋を恥骨結合と呼ばれる部分に乗せて寝ると骨盤が水圧によって圧力がかかって関節が潤滑するために、

関節のまわりの組織に引っ張りの力が弱まっていたくなくなるのです。

腰が痛くても寝つきに仰向けでないとダメなあなたはこの方法を試してください。

動画はコチラ

関の治療が必要な方は、

東京都北区で唯一の仙腸関節研究所まみや接骨院へのご予約はコチラhttp://kitakumamiya.com/

関のマタニティー整体のお申し込みはコチラからどうぞ
https://peraichi.com/landing_pages/view/mamiyasekkotuin

コメント


認証コード2704

コメントは管理者の承認後に表示されます。